こめかみにヒアルロン酸、注入量は何cc?メリット・デメリットは?わたしの体験談。

こんにちは!美容カウンセラーのAkiです。

ずっと気になっていたこめかみのへこみ、くぼみ…

この悩みを解消するために、

ついに、こめかみヒアルロン酸を注入しました!

今日はこめかみのヒアルロン酸注入について、自身の体験談を元に詳しく解説していきますね♫

こめかみヒアルロン酸の量は何cc必要?

今回、左右あわせて1ccのヒアルロン酸を入れてもらいました!

なので、片側0.5ccずつくらいの注入です。

治療直後の様子がこちら↓

こめかみの凹み具合によって注入量は変わってきますが、一般的に片側0.5cc〜1ccの注入(両方で1cc〜2cc)が多いです。

ヒアルロン酸は一度入れると長く持続するので、あとからこんなはずじゃなかった…

と、ならないためにも一気に何ccも注入するのではなく、少しずつ様子をみながら注入するのがおすすめ

今回、わたし自身、片側1ccほど入れてほしいという希望がありましたが、先生に0.5ccからの注入をすすめられたのでそうしましたが、

結果的に片側0.5ccでもナチュラルな変化に大満足しています♫

こめかみヒアルロン酸の効果は?

こめかみの凹みをヒアルロン酸で埋めることで、ふっくら丸みをおびた卵型の輪郭に近づけます。

  • 顔のバランスが良くみえる
  • 若々しい印象になる

といった効果があります。

こめかみヒアルロン酸でリフトアップもする?

実は、こめかみヒアルロン酸でリフトアップ効果も期待できるんです♫

こめかみにヒアルロン酸を注入することで、顔の靭帯を補強することができます。

  • ポニーテールをした時のようなリフトアップ効果
  • 目の開きが良くなる
  • ほうれい線が目立たなくなる
  • 口元のたるみが目立たなくなる

などといった効果もあり、

また、顔のボリュームが上顔面に出てフェイスラインがスッキリ見えるので、小顔効果も

こめかみヒアルロン酸のメリットは?

こめかみの凹み改善には、ヒアルロン酸注入以外に脂肪注入といった方法があるのですが、ヒアルロン酸注入の1番のメリットといえば…

やはり、お手軽さではないでしょうか?

  • 注入時間は5〜10分程度
  • 注入直後から効果を実感
  • ダウンタイムがほぼない

というように、リスク少なく治療をうけることができます。

こめかみヒアルロン酸のデメリットは?

もちろん、デメリットもいくつかあげられます。

  • 効果は永久ではない
  • 繰り返し治療が必要
  • ボコボコになる可能性がある
  • 費用が高い

こめかみの脂肪注入と違ってヒアルロン酸は、時間とともに体内に吸収されていくので、その効果は永久ではありません。

その点からみると、結果的に脂肪注入と比べると価格も少し高く感じてしまうことも…。

こめかみヒアルロン酸の持ち・持続期間

使用するヒアルロン酸によって持ち・持続期間がことなってきます。

大体1年〜2年の持ちが一般的。

こめかみヒアルロン酸の種類

こめかみの凹みに使用するヒアルロン酸は、粒子が大きく硬めのヒアルロン酸を使います。

最近は、厚生労働省で認可されたアラガン社の「ジュビダームビスタXCシリーズ」を使って治療するクリニックがほとんど!

中でも硬めのヒアルロン酸、下記2種類を使います。

ドクターによっては、土台をしっかりボリューマで作って、表面はボリフトとで滑らかに仕上げる!

というように使い分けしていることも。

それぞれの特徴がこちら⬇

ジュビダームビスタ ボリューマxc

粒子が大きく硬めのヒアルロン酸。

深部からしっかり持ち上げてボリュームアップ。しっかり形を作るのが得意なヒアルロン酸。

今回の私の治療ではこちらのヒアルロン酸を使用しました♫

持続効果

18ヶ月〜24ヶ月

ジュビダームビスタ ボリフトxc

ボリューマよりも少し柔らかいヒアルロン酸。

とっても馴染みがよく、皮膚の表面の浅い層に注入することでなめらかな丸みのある仕上がりになります。

持続効果

12ヶ月〜18ヶ月

【体験談】こめかみヒアルロン酸の痛み・腫れ・ボコボコ経過

こめかみヒアルロン酸の痛み・腫れなど、私の感じた経過をまとめました⬇

治療中

今回使用したのは、しっかりボリュームアップ・形成が得意なジュビダームビスタボリューマを使用。

この製剤には麻酔が入っているの麻酔無しでそのまま注射されることもあるのですが、今回局所麻酔をした上でヒアルロン酸を注入してくれました。

もちろん針でチクっと刺される痛みはありますが、全然平気!

今回、生え際付近の1箇所からカニューレといった先の丸い細い針を使って、まんべんなく丁寧に凹んだ部分に注入してくれました。

注入中はグリグリされたり、圧迫される感触はありますが痛みはほとんどありませんでした♫

治療3時間後

麻酔がきれてくると、鈍痛・圧痛を少しずつ感じはじめました。

我慢できる程度だけど、痛みが気になるので、痛み止めを服用した方が良いかなー。というレベル。

だけと、わたしは服用しませんでした。

全体的に腫れている感じと、左右に1箇所ずつできた針穴が目立ちますが、家族や友達から指摘されることはないくらい。

治療翌日(2日目)

翌朝は、昨日よりも少し腫れてるような感じがするけれど、写真でもわからないレベル。

もちろん、人にもバレない。針穴もほとんど目立たない(前髪で隠せれる)。

痛みは昨日より強くあるように感じたが、夕方には気にならなくなりました。

しかし、触ると痛いので触れない。

こめかみヒアルロン酸3日目

触ると痛い。

触れなければ全く痛くないので、触れないように気をつけて過ごしました。その他、腫れなども特になく気にならない。

ナチュラルな仕上がりに、とても気にいりました。

勇気を出して触ると、ボコボコしているのでヒアルロン酸がどこに入っているのかがわかる。

だけど、表面上にはボコボコはわからないので安心。

そして、嬉しい効果が♡

頬の出っ張りも気になってたんですが、こめかみがふっくらすることで、目立たなくなったんです♫

こめかみヒアルロン酸4日目、5日目

引き続き圧痛あり。

少しでも触れると痛い。触るなんて無理。

子育て真っ最中の私、子供の手が急に飛んできて、こめかみに直撃するようなこともあったので、そんな時は悶絶給に痛かった…

今更ながら痛み止め飲もうかなと思ったくらい。(実際には飲みませんでした。)

少し触れてみると、ヒアルロン酸がどこにはいっているのかわかるくらいのゴリゴリ感。

↑これずっとボコボコしてたらイヤやな。

こめかみヒアルロン酸6日目

抑えるとまだ痛いが、触れれるほど軽減しました。

ゴリゴリ感も少し解消して馴染んできている様子。

ヒアルロン酸注入 痛みまとめ

痛みは我慢できる程度だが、痛み止めがあれば安心。

当日よりも、翌日から痛みが増してきて1週間でなくなりました。

触れなければ痛みはないので、ヘアセットの時は要注意!

ヒアルロン酸注入 腫れまとめ

腫れは当日、翌日にちょっと出るかな?程度。

体感のみで、ほとんど腫れないので人にはバレにくい。

ヒアルロン酸注入 ボコボコなる?

注入直後はボコボコ、ゴリゴリ…

どこにヒアルロン酸入っているのか、手で触れるとわかるくらいでした。

※表面は、ボコボコしてないので安心してください。

しかし、

1週間後頃から馴染んできて、まったくボコボコ感はなくなりました!

ヒアルロン酸安いクリニックの選び方

クリニック選び迷いますよね。

特にヒアルロン酸はドクターのデザインセンスも問われるところ。

安さだけに飛びつくと、持続時間の短いヒアルロン酸だったりすることも。

わたしのおすすめは「くまポン」というサイトでクリニック比較すること。

くまポンのメリットは⬇

  • 地域検索できる
  • たくさんのクリニックがチケットを販売しているので、比較検討できる
  • 美容医療治療が安い

気になる方は是非チェックしてくださいね♫