涙袋のヒアルロン酸は何cc必要?持ちや馴染むまでの期間は?失敗はある?

こんにちは!現役美容カウンセラーのAKiです。

美男美女のほとんどにあるといっても過言ではない涙袋!!

ずーっと、ヒアルロン酸注入をするか迷ってたんですが…意を決して涙袋注入してきました。

今日は涙袋について、注入量や痛み、馴染むまでの経過、デメリットなど、詳しく解説していきますね!

涙袋のヒアルロン酸注入を検討されている方の参考になるとうれしいです♫

涙袋ヒアルロン酸注入では何cc注入するの?

大人気のヒアルロン酸注入による涙袋形成。

涙袋形成(ヒアルロン酸注入)

製剤:ニューラミス
注入量:左0.1cc/右0.1cc
トータル0.2cc

使用した製剤は「ニューラミス」。片目に0.1ccずつ合計0.2cc注入しました。

ちょっと涙袋ができるだけで目の印象がほんと変わりますよね!

ツリ目がちょっと柔らかくなって、優しい印象になりました♡

さらにメイクをすると華やかになり、リピートしたくなる気持ちがわかります♫

使用する製剤により仕上がりが異なることがありますが、涙袋のヒアルロン酸注入目安量としてはこんな感じ▼

涙袋ヒアルロン酸注入目安

◆控えめな涙袋…片側0.1㏄(両目0.2㏄程度)

◆ナチュラルな涙袋…片側0.15cc
(両目0.3㏄)

◆しっかり涙袋…片側0.2㏄(両目0.4㏄)

涙袋ヒアルロン酸で失敗しないために注意したいこと!

それは、入れすぎないこと!!

目元はすごく皮膚が薄く、たくさん入れすぎてしまうと、血流を阻害してしまったり、皮膚が伸びてしまうリスクが高くなってしまいます。

また、涙袋はたった0.05㏄変わるだけで目元の印象がほんとに変わるんです。

ちょっとした変化で、涙袋じゃなくて目の下が、ただただ腫れているナメクジみたいになっちゃいます。

そして、何度もいいますが、目周り(涙袋やヒアルロン酸)は皮膚がとっても薄く医師の技術がかなり必要な箇所。

また、センスも問われる部分になります。美容カウンセラーをしていて、ほんとそう感じました!

そもそも、涙袋のヒアルロン酸で失敗とは?

涙袋のヒアルロン酸注入で失敗と言える症状としては、以下の3つがあげられます。

  1. たくさん入りすぎてナメクジみたいになる。(不自然)
  2. たくさん入れすぎて下に流れる。
  3. 浅い層に注入したことで、透けて青く見えてしまっている。(=チンダル現象)

こうならないためにも、クリニック選びは慎重に選ぶことをオススメします。

クリニックの選び方ポイント!

①症例をチェックする。
※どの医師が治療したのかチェックしてくださいね!
医師が変われば仕上がりも変わります。

②少しずつ注入して、様子を見るように提案してくれる医師がよい。

↑是非、参考にしてください!

涙袋ヒアルロン酸注入!痛みは?

局所麻酔をした上で、ヒアルロン酸を注入するのがほとんどだと思いますが、この、麻酔がチクッと痛いです…

でも、麻酔が効いてこれば注入自体は全くいたくありません!

涙袋のヒアルロン酸で内出血はでる?何日続く?

涙袋のヒアルロン酸を注入する際、内出血がでる確率って、まぁまぁ高いです…

内出血はつきものと思ってたほうが良いです!

ちなみに、わたしは涙袋と目の下のクマも一緒に治療したので、目の下のクマ部分にも内出血が出ていますが、その時の経過がこちら▼

4日までの経過ですが、日に日にどす黒くなって、目立っていく感じです。

家族からは、心配されるくらい内出血が出ましたが、パウダーファンデーションを部分的に厚く塗るだけでも、内出血は隠れるので、お友達にあっても全然バレませんでした!

2週間でほぼ、内出血はきれいに無くなりました!

涙袋ヒアルロン酸注入のダウンタイムは?

ダウンタイムは個人差はありますが、早くて3日・長くて3週間程度。

内出血がでなければ当日の針穴と軽度の腫れ程度。メイクの制限もないので、早ければ3日〜1週間程度。

内出血が出た場合は上の経過写真のように、2週間〜3週間程度。

※ダウンタウイムはヒアルロン酸が馴染むまでの期間も入れるともう少し延びることもあります。

ヒアルロン酸はどれくらいで馴染む?

ヒアルロン酸が馴染むまでの期間は、ほんとに製剤の種類によります。

私が使用したヒアルロン酸「ニューラミス」の場合、治療直後より全く違和感を感じることはありませんでした。

治療数日後も形はキープされたまま、周りに流れることもなく仕上がりはとってもきれいです。

涙袋のヒアルロン酸といえばその他に「ボルベラxc」もよく使われるのですが、ボルベラxcはわたしの主観ですが、治療直後はもったりと入るイメージで、ボテッとした感じに見えます…

それが、1ヶ月くらいして馴染むとボテッと感はなくなりきれいに馴染んでいきます。

涙袋ヒアルロン酸の持ち・持続はどれくらい?

製剤の種類にもよりますが、だいたい半年から1年ほどの持続効果が期待できます。

皮膚の薄い涙袋に使用するヒアルロン酸は、粒子が小さく滑らかな特徴のヒアルロン酸製剤を使用します。

そのため、粒子の大きい硬いヒアルロン酸と比べると持続は短い傾向があります。

まとめ

涙袋のヒアルロン酸注入についてまとめると…

  1. ヒアルロン酸の注入量はだいたい、両目で0.2cc〜0.5㏄
  2. 失敗しないためにもまずは少量から入れるのがおすすめ!
  3. 痛みは麻酔時のみ。
  4. 内出血はほぼつきもの。
  5. 内出血は2週間ほどで消える!
  6. ダウンタウンは早くて3日。長くて3週間程度。
  7. 馴染むまでは1ヶ月かかることも!
  8. 持続は半年から1年程度。

最後までご覧いただきありがとうございました!